2008年12月22日

M-1グランプリ2008(テレビ朝日)

今回私が一番腹かかえて爆笑したのはオードリーの2本目でした。
ただ放送後ネットで感想をざらっと見たところ、「オードリーは最終決戦のネタ選択が失敗だった」という意見が主でした。
反対にノンスタイルはうまいなーとは思ったけれど私はあまり笑いにつながりませんでした。あ、でも優勝は妥当だとは思いましたよ。
要は笑いなんてその人のツボにはまるか否か、なんですわな。
と、毎年おんなじ言い訳をしてから今年も素人お笑い評論をしたいと思います。

正直なところ、今年は決勝に残った面子からしてあまり期待はしてませんでした(笑)。が、かなり楽しめました。
逆にフラットに見ることが出来てよかったのかもしれない。
キングオブコントなんて、予選落ち組に好きな人たちが居すぎたせいで決勝見る気になれなかったもんなー(笑)。
毎年1,2組は駄々滑りしてしまうコンビがいるもんですが、今年はそういったいたたまれない空気になる事はなく、全体的なレベルは高かったと思います。


ダイアン
クリスマスを知らない西澤。
サンタさんの真実を19時台にばらしていいのかなあと余計な心配をしてしまいました(笑)。
前半しつこすぎたのがちょっと残念だったかなー。サンタいないのに対し「怖い話?」とかボケの返し具合が結構好き。ツッコミの人もトークとか使える感じなんすかな。
トップバッターですがいい具合に会場をあっためたと思います。全体的な空気をよくしたのはダイアンのおかげでもあったかもしれません。
お約束の暫定一位のくだりもやりきっててよかった(笑)。
あ、せっかくだから審査員の点数も記録しておこー。
順に中田カウス、大竹まこと、オール巨人、渡辺正行、上沼恵美子、松本人志、島田紳助。
中:93 大:86 巨:86 渡:90 上:90 松:85 島:89 計619
まっつんのトップバッター85点はなんとなく予想通り(笑)。

笑い飯
闘牛士になりたい哲夫。オートバックス提供番組で車事故ネタ。
もうインパクトとかいう点では初出場組にはかなわないので彼らは年々難しくなる一方なんかなあと思ってましたが、今年は爆発力はなかったけど構成の妙もあって結構良かったです。
3位落ちの時の「思てたんと違うー」もさすがでした(笑)。
中:88 大:88 巨:91 渡:91 上:95 松:89 島:95 計637
紳助は笑い飯に対し情的なもんもっちゃってるんちゃうかなーという気も。

ここで敗者復活戦勝者決定、復活はオードリー。
事前に準決勝見た人らが予想してる中にオードリーの名前は多くあがってたので、順当な勝ち上がりに決勝も期待。
予選会場での髭男爵はこれが出来ればもう十分という働き(笑)。オリラジ中田の他人事コメントもナイス。

モンスターエンジン
ハリウッド俳優になりたい大林とそれに便乗したい西森。
モンスターエンジンと言えばコントの神々ネタですが、実はそれまだ見た事ありません。
漫才の評判はあまり聞いたことがなかったのでどうなんだろうと思ってましたが、ボケの芝居っぷりがかなり良かったです。
神々ネタも見てみたいなと思いました。って今なら見たけりゃyoutubeやら何やらでいくらでも見れますが(笑)。
中:90 大:88 巨:89 渡:88 上:85 松:83 島:91 計614
まっつんと上沼恵美子が低い。あんま畳み掛ける感じじゃなかったしねー。

ナイツ
ヤホーで宮崎駿について調べてきました。
寄席に出ているというのは初めて知りましたが、納得。
いつもはボケがしゃべってる間にツッコミが流れを壊さず合いの手を入れてくんですが、ちょっと間がいつもと違ったような気がする。緊張とかもあったんかな。
風邪の谷をなおした→柔ちゃんの仕事だろのこっそりツッコミにちょっと受けた(笑)。
下に走る傾向で後半責めて盛り上げました。
中:94 大:89 巨:89 渡:91 上:95 松:93 島:89 計640
いやーナイツがこんな高くなるとは正直予想外でした(笑)。

U字工事
茨城はタブーで埼玉は夢。群馬は一個もいいところない。
いやー安心して見れるわー。そういう意味でのよさは彼等が一番でした(笑)。
田舎比較ネタはよくある古めの手法だけど、単に他を落とすだけでない持って行き方で楽しかったです。
中:92 大:88 巨:84 渡:90 上:93 松:85 島:91 計623
ここでダイアンが脱落。ツッコミの方おもろいなー(笑)。

ザ・パンチ
たとえば俺がニュースキャスターになったら横でニュース呼んでる女子アナが俺にメロメロに以下略
パンチは正直M-1の場にはどうなのよーとか思ってて結果も最下位に終わってましたが、意外に悪くなかったようには思います。つかレッドカーペットでしか見たことなかったから4分持つのかっていう相当低いハードルで見てたんで(笑)。
クレームついて封印したとかいう噂のあった「死んで〜」が聞けたのでそれで良かったです(笑)。
中:85 大:83 巨:83 渡:85 上:88 松:80 島:87 計591
点数出たときのパンチの方の表情が(笑)。

NONSTYLE
もしも川で少年が溺れているのを見つけたら。
多分私が関西系の笑いに対して慣れ親しんでないだけなんだろう。うまいなーとは思うが爆笑にはならないんだよなー。
「何来るかわからない」笑いが好きなせいなのかなと自分なりに分析してみるが、でも彼等もそこまでベタってわけでもないよなー。
関西での彼等を見慣れてて思い入れみたいの出来てたらまた違ってくるんかな。
中:91 大:90 巨:91 渡:90 上:95 松:93 島:94 計644
一位に躍り出て最終決戦進出決定。栃木のみんなごめんねごめんねー。

会場に本物の春日が到着(笑)。

キングコング
ヒーローインタビュアーをやってみたい梶原。
何だろう、相変わらず手堅いなあとは感じるんだが、いかんせん一つ一つのボケは普通なものだから勢いでもってくしかないんだが、去年に比べたら勢いがなかった。
いやその「勢い」も良し悪しだったりはするんだけどね。去年のはギャーギャーうるさい側面もあったし(笑)。ただ間のセンスとかがあんまりないように思うから勢いで走った方がいいのかなと。去年はそれが功を奏してた。
中:86 大:87 巨:86 渡:89 上:90 松:86 島:88 計612
パンチの上の7位。ナイツが最終決戦進出決定。
カウスの「頭で漫才してハートがついていってない」は厳しいが何となくわからんでもない。いや彼等も気持ちは十分入ってるんだろうけどさ。

オードリー
家がボロいから引っ越したい若林。
春日は完全に会場の空気もっていってたなー。
若林が意外に芸達者なのはイロモネアで知ってたんだけど、空かし具合とか最高だと再認識。春日のキャラもあるけどほんと若林がいいわー。
噛みを笑いに転化するのはよくある手法ですが、噛んでない方が処理するだけでなく「お前がどうにかしろ」→「そんな腕があった最初っから決勝出てるわ」とのコンピプレイはさすがでした。
中:98 大:92 巨:91 渡:92 上:92 松:95 島:89 計649
カウスたけー(笑)。
最後に出てきて一位をかっさらいました。大竹しゃべってる間に若林が春日たたいてたのは何だったんだろう。


最終決戦

ナイツ
ヤホーで若い女性に人気のある団体SMAPについて調べてきました。
1本目の時みたく最後下ネタでまとめるとかそういう組み立てはなく、ただボケを並べるだけだったので単調なまま終わってしまいました。メガネ押しとか木村たく・・・庄之助とかはよかったですけど(笑)。

NONSTYLE
最近ホラーが好きなんだけど・・・
1本目より笑えたのは慣れたからなんだろうか。網戸に軽く吹いて街灯と大仏に受けました(笑)。
自分の笑いの量的にはオードリー>NONSTYLEだったけど、特筆するマイナス点もない事もあり結果には納得しています。

オードリー
若林の斬新な選挙演説。
客に春日がいるところで爆笑。そこからしばらくやばかった(笑)。腹痛かった。今録画したヤツを見直しながら書いてるけど、同じとこでまた爆笑してもうた。
ところどころ空気的にちょっと冷めてもうたところがあったので、まあ優勝はNONSTYLEでも文句全然ないです。自分が楽しかったからそれでもう満足です(笑)。
自由に好き勝手振る舞ってる(ように見える)春日とそれを適当にあしらう若林がほんと最高だ。

決選投票
NONSTYLE オール巨人、渡辺正行、上沼恵美子、松本人志、島田紳助 計5票
オードリー 中田カウス、大竹まこと 計2票
ナイツ

優勝はNONSTYLEでしたが、多分今回のM-1で一番おいしかったのは他でもないオードリーだと思います。
結果に対してはいろんな感想があるかと思いますが、多分これだけは満場一致でみなさん同意見だと思われます(笑)。
posted by シノブ at 01:56| Comment(4) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うん♪絶対シノブ このネタUPすると思ってたぁ〜♪♪

うん。シノブの意見ほぼ同意見だなぁ〜
NONSTYLEなんて 全然期待してなかったのに
意外とおもしろくて笑ったなぁ〜
すべてタイミングが良かったよねぇ〜

ヤホーの二人は 普段もあんまり興味ないんだけど
うまいな〜 後半の盛り上げ方が最高だなぁ〜って思った。

オードリーはね 頑張ったね!
結構面白かった。あたし的にはそんなに好みではなかった。やっぱ紳助も言ってたけど 好みのネタってのがあるからね。

今回の笑い的には やっぱ NONSTYLE なんだろうなぁ〜って思った。

パンチねぇ〜・・・好きなんだけどね・・・残念。
ってか面白くなかった。お笑い番組いつも見てるからさぁ やっぱこんな大事な戦いに 以前使ったネタは勘弁だわ。それに何かね タイミングも悪っ。残念だったね


モンスターエンジンはやっぱ コントで出直してきて欲しかったなぁ〜 《神々の・・・》が好きなんだけどね。でもやっぱ優勝は無理だったろうな。

キングコングね。去年ね ギャーギャーうるさかったね。今回ね・・・うん 残念だったね。もう全て古い気がする。

笑い飯は 個人的には好き。
来年も ここまでのし上がってきて欲しいなぁ〜
Posted by ふゆ at 2008年12月22日 12:38
>今回私が一番腹かかえて爆笑したのはオードリーの2本目でした。
>ノンスタイルはうまいなーとは思ったけれど私はあまり笑いにつながりませんでした。

全く同意見ですっ!
本気で笑ったのオードリーのネタからだったから。

この中ではモンスターエンジンがいちばん好きで応援しつつも優勝してまうと有名になりすぎるという複雑な気持ちだったでホッとしてしまったわぁ。
やっぱあらびき団や大阪で神々のネタや「ちゅぅ〜しょぉ〜きぎょぉ〜!」や「しるしでっせぇ〜♪」ってやってる方が好き。
まぁ、コンビ芸人としては漫才オモロないといかんやろぉ〜けど。。。

ダイアンは1番が緊張させてまい、笑い飯は慣れとる感じやし、ナイツはいつもより冴えない感じ。
U字工事のローカルさは好きやけどそれがアダ?、ザ・パンチはセリフがいつもよりイマイチ、キングコングは去年のことがあり気張りすぎ。
一言ずつで言うとこんな感じ。

とにかく個人的にはオードリーがいちばんだったってことで。。。


Posted by チャリ吉三平 at 2008年12月23日 23:07
録画していたやつをやっと見たのでお邪魔しにきたよ!

決勝に残った三組は納得でした。
ナイツ、私的にはかなりよかったなあ。ほとんど初めて見たのでいつもがどうなのかわからないけど。じわじわ絶え間なく笑わせてくれました。
NONSTYLE自戒ネタ?でボケを重ねていくのがはうまかったなあ。網戸と大仏よかったね〜。
オードリー、春日が空気を持ってって出だしよかったね〜。でも私も若林がうまいと思いました。突っ込んだり全力で合わせたりスルーしたり、変則的なつっこみがすごく新鮮でした。

ほんとに三組とも私の中では僅差だったなあ〜。
いやあよかったよかった。
Posted by すず音 at 2009年01月07日 21:53
すいませんまたしても何ヶ月遅れかでのコメント返信、今更返してもしょうがないんですが。シンプルにいきますすいません。
>ふゆっちょ
M-1感想は結構恒例になってもうてます。いろんな意見はあるけどやっぱり楽しい。
>チャリ吉さん
モンエンピンのネタもおもろいっすよねー。最近何かU字工事の栃木弁に癒される。
>すずっちょ
決勝3組はどれも形が違ってて、評価軸が難しくはあったよね。
Posted by シノブ at 2009年04月06日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

デーモン小暮閣下もビックリ!白すぎる!M-1グランプリ審査員の上沼恵美子の化粧に話題集中
Excerpt: 【情報源:ワイド芸能ショー様】 12/21に生放送された「M-1グランプリ」優勝は敗者復活戦から勝ち上がった結成8年目のコンビNON STYLE。しかし、そ...
Weblog: 芸能界エンタメショップNo.1
Tracked: 2008-12-22 07:13