2001年11月21日

大乱闘スマッシュブラザーズデラックス(任天堂ゲームキューブ)

濃い。濃すぎ。詰め込みすぎ。その一言に尽きる。

実は私、光ディスクメディアのゲームってこれが初めてで。ファミコン→スーファミ→ニンテンドウ64→ゲームキューブと見事なまでに任天堂ハードオンリーで来てまして。ロムカートリッジって多少の乱暴な扱いにも耐えてくれてたから、CDとなるとちょっと傷つけただけでもトんだりしちゃいそうで触れるに当たって異常にびくびくしたり。
そんな人なんで、最初は読み込む音とかちょっと気になったりはしたんだけど、話によればGCはかなり静かな方らしいっすね。すぐ慣れたし。
あと今までロード皆無の環境でゲームしてきたんで、デモとか飛ばした時に一瞬画面が凍るのはマジでトんだかと思ってビビってしまってた。こんなんで任天堂以外のCDメディアゲーム出来るんだろうか…。他のソフトがどうかは知りませんが、ロード時間等はカセット人間の私でも全然問題なしレベル。これってきっと、結構凄い事なんだよね?
以上が、時代遅れのCD-ROM(正確には8センチDVDか)ゲーム初体験の感想。

次。GC本体について。当初の予定通りオレンジを買いました。見た目かわいいのぅ。コントローラー、ちっせえ!オモチャみたい。て、オモチャなんだけどさ(笑)。
でもほんといいコントローラーだわとしみじみ。これ触った後64の触るとあまりの違いにビックリしちゃったもん。あんだけいいと思ってたもんのさらに上があったんだからね。何つうか、手に優しい。
L、Rのカチッという感触も新しいし、アナログスティックの適度な柔らかさも心地よい。うーん、さすが職人会社といったところか。

ようやっとゲームそのものの話。前作の64版スマブラは、一人用のあっさりさ加減が何やかや言われてたりしてて、そのせいかわからんけど、今回は充実しすぎ!まぁよくこんだけ色々と詰め込みましたなぁ、て素直に思いますよ。

アドベンチャーの最初の面、「キノコ王国」見た時真っ先に思ったのは、「クリボー踏みつぶせる?踏みつぶせる?」。そしたら案の定踏みつぶせました(笑)。嬉しすぎ。こういう嬉しさは大人ゲーマーの特権だぁね。
「そんなものまで…」レベルのフィギュアといい、随所に配された小ネタといい、作ってる側も遊ぶ側も同じように笑ってる様が目に浮かぶ。…大げさだが、ゲームの歴史の幸せな側面を見た、というか。
そんで肝心の対戦。これの楽しさは言うまでもなく。64版よりスピードアップしてるんで、慣れない人は最初は自分がどこにいるのかもわからないかも。でもいろんなモードやってるうちに自然にうまくなってくるし、コマンド入力格ゲーと違って、上なら上、強くしたいなら強く、と感覚的に操作できるのでガチャガチャやってるだけでもある程度楽しめる。
それから私の使用キャラ遍歴も…と思ったけど書いてったらマジでキリないな。

そうそう今回「カメラモード」てのがあるのね。のメモカの容量食うし止め絵をグルグル見る事は前作でも出来たから、大したもんでもないだろうとタカくくってたら、これが実に楽しい。
おまけについてるスマデラビデオの映像がメチャメチャおもろいんだけど(ドンキーがピーチにフラれたりサムスの中にカービィがまぎれてたり)、ああいう絵的におもろいもん、撮れたらなぁ。

あのね、全体通してさ、何つーか笑えるのよ、ほんと。ファミコンの時代からゲームやってきた人なら、確実に笑える。ルイージのヒクツな技の数々とか、最後に登場する隠しキャラとか、アイスクライマーのターゲットステージとか。
音楽も、すっげぇいいし。私は元のゲーム自分で持っていたのはごく一部なので、その点での感動が少ないのは残念なんだけど、それ抜きでも凄い良い。出せない事情はわかるけど、でもやっぱサントラ出ないのが非常にもったいない。まぁその為におまけもあるんだろうけど。

絵もリアル系ではないけど、細部まで書き込まれ作り込まれている。動き一つとってもないがしろにはされていない。ステージをズームして眺め回すだけでも楽しい。個人的に、オネットステージの前方、普通にプレイしてるだけでは見られない場所に自転車置き場があったのを見つけた時は本気で感動した。すんごく贅沢に作られたゲームである事をひしひしと感じる。

何か全然書き切れてないけど、ほんとマジで桜井氏にはありがとうと言いたい。
理想論だとわかってはいるけど、全てのゲームを作る人間がこの人くらいゲームに愛情を持ってくれれば、と思う。ゲームしかしてないという意味ではなく。
ともすればただのキャラクターの寄せ集めゲームにもなりかねないところを、昔からのファンにも今のファンにも受け入れられるものに仕上げられたのは、ひとえに彼のゲームに対する愛情ゆえだと思う。
凄いゲームをありがとう、桜井さん。
posted by シノブ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時計 ベルト [url=http://www.advanceshopbrotherjp.biz/]オメガ 時計[/url] <a href="http://www.advanceshopbrotherjp.biz/" title="オメガ 時計">オメガ 時計</a>
Posted by オメガ 時計 at 2013年08月03日 10:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック