2016年02月02日

第74期将棋名人戦A級順位戦8回戦 最終戦は佐藤天彦八段と行方八段の直接対決に

第74期名人戦A級順位戦8回戦、佐藤天彦八段が7勝1敗、行方八段が6勝2敗となり、最終戦はこの二人の直接対決で羽生名人への挑戦権を争うこととなった。
http://www.asahi.com/articles/ASJ214GY5J21UCVL00J.html

最終戦で佐藤天八段が勝てばそのまま挑戦、行方八段が勝てばプレーオフとなりそこで行方八段が勝利すると自身二度目、2年連続の羽生名人への挑戦となる。
なめちゃんこと行方八段のことは前から好きだと言っているが天彦こと佐藤天彦八段も好きなので、私としてはこれ以上ない流れだ。

昔から力はあると言われていたが、今年の天彦はすごい。今脂がのりにのりまくっている。
B1を一期抜けして今期が初のA級だったが、上がって早々名人挑戦を目の前にしている。
どれだけ勢いをもって上がってきても返り討ちにされる事もままあるのに(なめちゃんも初めて上がった時はボロボロにされた。でも再び上がってからは上位争いの常連となっている。嬉しい)。
昇級即挑戦となると谷川羽生森下森内に続くことになる。

天彦は今期順位戦以外でも、王座戦と棋王戦で挑戦権を得ている。
王座戦は既に終わり羽生四冠に2勝4敗で敗れた。
棋王戦は2月11日から、プライベートで仲の良い渡辺二冠との対戦。
名人戦挑戦となれば今年度3度目のタイトル戦登場となり、羽生へはリベンジとなる。主要タイトルの数は7つね。そのうち3つ。
ここは行方であっても羽生へのリベンジとなるね。

現在対局数、勝利数、連勝数で天彦がトップ。
勝率は若い斎藤慎太郎六段(22歳、天彦は28歳)に譲っているが現状2位。ちなみに勝利数、連勝数とも2位には斎藤六段がつけている。

画像検索してもらえばわかるけど
https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%A4%A9%E5%BD%A6&espv=2&biw=821&bih=341&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj10aufmdbKAhVPyGMKHYFEB_cQ_AUIBigB
このうざったい髪型してるのが天彦。今はもうちょっとすっきりしてるみたいだけど。
なめちゃんもそうだしハッシーもあれだし別にうざったい髪型の棋士が好きなわけではないんだけどね…w
ファッションとクラシックおたくで、ハロウィンの仮装に自前のマントもってくるような人なんで「貴族」て呼ばれてたりするんだけど、本人もまんざらでもない模様(笑)。

どちらに転んでも私には嬉しい結果しかない最終戦、「将棋界の一番長い日」は2月27日。今から楽しみだ。
posted by シノブ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック