2016年02月15日

2/14 練習試合の前のJスポ福谷インタビュー書き起こし

2/14、練習試合の前のJスポ福谷インタビュー書き起こし。
聞き取れない箇所は曖昧。わずか5分くらいだが具体的な話こそないものの、福谷浩司っていう人はこういう人だってのがすごく出てたなぁと。出来るだけ言ったそのままとしたので読みづらい部分もあるかも。
言葉にすることで自分に言い聞かせているところもあるんだろうなと思う。それが彼のやり方なのだと思う。

Q.昨年を振り返って
自分が後ろを任されている以上、自分の一球一投がほんとチームの士気に影響するっていうのを身をもって感じましたし、その中で自分でチームが苦しい時に盛り立てるというか鼓舞することができなかったんで、本当に9回を投げる事が多くなってから完璧を求めるようになり、例えゼロで抑えてももっともっとみたいな、その向上心は良かったかもしれないんですけど、そこでちょっと自分でできる幅を狭めてしまった部分は多少ありましたし、自分にできることを100%やればっていう風に起用していただいているのにそれ以上の事をやろうとしている自分がいました。
今こうやって話している事が気づけなかったんですよね。
やってる時に、シーズン終わって振り返ったりとかいろんな、そうですね、勉強とかしている時に気づいた事が多かったのでそれが今は財産となってるなと思います。

Q.新たな取り組み
秋から実戦から離れてもう1回1からというか0から、自分のピッチングフォームであったりその他諸々投げるっていうのはどういう事かっていう事とか、見直してやってきたんで、正直今年の春、4月に間に合うかな?ていう、間に合わなくてもいいくらいで始めたんですけど、目先の事で気持ちを変えようという事ではなく、本気で来シーズン以降、来年以降どうするかなって時にまあソフトボールだったり他の事に取り組んだんですけど、自分が今まで例えば速い球を投げたいとか強い球を投げたいとか色々あったんですけど、その為に自分でやってた事、速く投げたいならこうするっていうのを、ちょっとした固定概念というか、変わりつつあるというか、それじゃなくてもボールはいくぞ、みたいな自分の中で劇的な変化でキャッチボールから意識しないともう戻っちゃうくらいな感じなんですけど、それがまだ、今日バッターに投げたんですけどバッターがいる中でそれが完璧に出来るか、完璧というか意識する、意識を完全に出来るかったらまだ出来てないので、ほんとにまだまだやる事はたくさんあるなと。

−その意識というのは具体的に言ったらどんな

そうですね、まぁ…1つ上げるなら、例えばよくあるピッチャーのフィニッシュのところなんですけど、他のピッチャーというか普通のピッチャー、オーソドックスなピッチャーの人がしっかりとしたバランスで投げているのに僕はちょっと元々3塁側に流れる癖もありますし、じゃあなんで流れるの?ってそこで色々考えましたし、後はフォロースルーの形だったりとかそれをまずは他の活躍されているピッチャーを含めて他の人が絶対普通にやってる事をまず自分がやってみて何で合わなかったのか今までやろうとしてなかったのか、ていうのが少しずつ見えてきたかなと。

Q.ストレートへのこだわり

んー、振り返ってもみても、僕1位で入ってきてますけど、本当にストレートしかないんですよ。だから逆にそれが負い目だったんです。自分はストレートしかないし、それこそ先輩のようなコントロールもないし、みたいな。
それでも1位でとってくれた、で、一軍で投げさせてもらえる、じゃあ何でだってそのストレートに自身もってないとその使ってくれてる人とかとってもらった人に申し訳なくなっちゃって、それからは何があっても自分はストレートしかないです、って言うふうにしました。
僕は良くも悪くもストレートしかないんで、それでストレートでいって、バッターとの駆け引きとかじゃなく力勝負だったりとか今の時代あまりないことを売りにやってる選手なので、逆に今それが珍しいですから、それを見に来てもらえる、球場に来て足を運んでもらえる選手になりたいですよね。

(一言書くにあたり)
どうしよっかな〜
「九」
去年最初9回を任せてもらって、で、そのまま9回任せられたままファームに落ちて今まで来てるんで、だから9回に投げるっていう、憧れでありこだわりでありは強くもってるつもりです。
また9回のマウンドに堂々と投げられたらいいなと思います。
posted by シノブ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック