2016年07月11日

"lustのオーダー vol.1"@札幌クラブカウンターアクション

7月9日(土)
"lustのオーダー vol.1"@札幌クラブカウンターアクション
京都のbedとzArAmeのダブルレコ発。NOT WONKも先月セカンド出したばかり。

■eveparty

なんていうかバンドやってこんな曲をやりたいってのを素直に出されてるってか爽やかったら言葉違うかもしれないが、エガワさんのアコギ弾き語りで始まる曲とか。
一曲終わるたびにはーいい曲、てなる。
最後の曲は多分前見た時と一緒だからラストはお決まりなのかな、アウトロが延々続くんだがこれがもう気持ちよくって気持ちよくって。気持ち良い音のループですごい好き。

■NOT WONK

イブパもNOT WONKも観るの二回目で、どちらも前回はカウンターではなかったので、あらためてカウンターは音でかくていいなと思ったり(そのせいで音像掴めない事もあったりはするんだが。笑)
個人的な感想としては前観た時の方がかっちりしてたような感じ。これはライブハウスの違いもあるのかもしれないけど。でもまた違ったなんというか気概というかそういうのは感じられたり。
最後の曲でがっつりきた。
仕事帰りなのか、ワイシャツ姿の兄ちゃんがすんごく楽しそうにのってて、すごいいい光景だった。そういうのっていいよね。日々の中での楽しみというか糧というか、になってるのって。

■bed(京都)

名前は知ってはいたが曲はこのライブくるって事で初めて聴いた。曲の感想は後述。
音がなった瞬間に違うってやつ。音圧あるんだけど、優しいっていう。
うまい下手わからんけど途中のギターソロすんごいよかった。
ドラムの人がかなりガチな将棋好きみたいで、次の日朝から対局で先に帰るらしい(笑)勝手に好感度が上がる(笑)。でもなんかそういうのもいいよね。
曲初めて聴いた時にブッチャーズの影を感じたその通りで、去年の吉村会に来てたらしい。
その時出来なかったブッチャーズのカバー、「ソレダケ」をやってくれた。
自分らの音でありながらブッチャーズの核はそのままで、感動的ですらあった。最高の演奏だった。
アンコールは前のお客さんがリクエストしてた「自転車」て曲でよいのかな。音がほんと好き。

■zArAme

音がでかいカウンターにあっても一際でかい、自分らでも「でか過ぎるか」て言ってた(笑)。cowpersもでかかったよなぁ。
新しいのに入っているんであろうインスト曲、印象的なイサイさんのギターとゲンドウさんのギターノイズに全く負けないエガワさんのベースとトジマさんのドラムほんっっっとかっこいい。
私今までトジマさんのドラムって聴いた事あるのかわからないんだけど(ひょっとしたら知らずに聴いていた事あるのかもしれないが)トジマさんのドラムはすんごく空気があって好き。空気があるって何かよくわからんが。
アンコールのabstract division、この前見た時は袖から蛯名さん飛び出してたけど今日は予め前の方にいた蛯名さんの方にマイク向いてた(笑)。
蛯名さん語りというよりほぼ叫びに叫んでいた。そういえば今日はイサイさんのスクリームも結構キてた。
何てか改めてzArAmeって音の世界がすごいなって、世界っていうかなんだろうね。いわゆる物語的な意味合いの世界ではなくなんての上手くいえない。独自の。
7/17発売のセカンド先行で売ってたんだけど、ディスクユニオンでTシャツつけるってもんだからそっちで予約しちゃったからまだ聴けないー。あー早く聴きたい、そんで聴いた上でまたライブで見たいー。

そんで今回のライブきっかけで初めて聴いたbed。
絶妙なバランスの上に成り立つ緊張感。
一つ一つの音が繊細で切ない、音だけで泣けそうになる。

bed「ライン」
https://www.youtube.com/watch?v=wgvSQ2k-Ge8
posted by シノブ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック