2016年10月25日

SPITZ JAMBOREE TOUR 2016 "醒めない"@ニトリ文化ホール

スピッツ行ってきた。
泣くかなーと思ってたけどそんなもんじゃなかった。
始まる直前まで普通に喋ってたのに客電落ちて影見えたとこからもうあかんかった。
最初の三曲はだーだーどころじゃなく訳わからなくなってた。まともに見えてたかも怪しい。
どの感情が昂ぶってたのかはわからない。でも確実に何かが昂ぶっておさえらんなかった。
スピッツ歴25年ほどにして初めて見に行ったスピッツのライブ。
ネタバレなしで薄めの感想になっちゃったけど、本当にいってよかった。スピッツはやっぱり私にとって唯一無二のバンドだ。


光と音の最小限のセットでシンプルかつタフなスピッツの音。それだけでも十分過ぎるくらい、スピッツの楽曲の力は大きかった。

本当にたわいもない話にツッコむテツヤ。テツヤのギターすごく印象的だった。
ど庶民的な崎ちゃんのドラムはスピッツのサウンドを骨太にし、また全身をゆだねられる。
キーボードのクジさん喋るところ初めて見た。きっぷのいいお姉さんだった(笑)。
マサムネの声はホールに力強く響く。力強く。
そんでステージの端から端、前から奥まで走り回るリーダー田村がもうほんっっとにかわいくて。
テレビとかで見て知ってはいたけど、実際生で目の前にすると破壊力半端ない。足上げてくるっくる回っててしぬほどかわいかった。

曲のネタバレは避けた方がいいだろうからどの曲とかは言えないけど、20数年聴いてきた曲がライブではこうなるんだと知ったり、CDではフェイドアウトの曲のアウトロがめっちゃかっこよかったり。
曲と光の色が凄くあってたり。
好きな曲がより大好きになったり。

来年結成30年、メンバーも変わらずよくやってきたよねとか言ってたが本当に。
この日やった曲の中から、とするとネタバレにもなるので、それ関係なしで私がスピッツに初めて出会った曲を。全てはここから始まっていて、そして今日に至った。
続けてきてくれてありがとうスピッツ。そしてこれからもついていくのでよろしくおねがいします。

posted by シノブ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック