2003年09月12日

演技者。「マシーン日記」

この番組ってジャニを使って好き勝手やってるだけなんかと思ってたんだけど、ちゃんと「舞台作品をドラマ化する」てコンセプトがあったのね。今回初めて知りました。つーかまともに見たの初めてだし。

今までたまたまチャンネル合わさってた事はある、てくらいだったのが、これは途中からとは言え曜日を把握してまで見たのは、松尾スズキ作品だったから…ではなく森田剛だったから。というと何か勘違いされそうですが。

深夜、たまたまついていたTVから、普通じゃない空気が流れてきた。出ている人達もキャラクターも映像も話も怪しく、そして森田剛がキれていた。気になってそのままくぎ付けになった。

ジャニにはまっっったく興味ない人なんやが、実は以前にも一度、NHKのドラマで森田剛の事を気になった事があった。チビ男とデカ女の恋愛。
抱き合ったら森田の顔が女の胸にうずまってて、本人のコンプレックスをもろ突きそうな設定であろうに、そんなこっちのうがちは全く余計で、彼は「そういう男」を演じていた。
それ以来彼のことは気になりつつも、ゴールデンのドラマで主役張るような人でもないんで見る機会もなかったのだが、今回これを見て再認識した。私は役者としての彼は好きかもしれない。
いろんな役がこなせる人だとも思わないけど、少なくともチンピラっぽいつうか乱暴つうか育ち悪いというか、そんでかつナイーブそうな、そういうガキをやらせたら日本一(言い過ぎなので誰か適当な人いたら教えて下さい)なのではないかとちょっと思ったり。

茶の間から遊離した異常な空間でたたみかけられるドラマはもう最後の方なんてマジで怖くて、「うっわ〜うわー」言いながら見てたんだけども、元々のお話も怖いけどそれ以上に出てる人方が怖かったです。面白いんだけど怖い。みんなブチ切れてたよ。絶対昼間放送できねぇよ。本気絶叫。
森田のあのふてぶてしい佇まいは間違ってもジャニーズ演技じゃねぇし(てかあれがアイドルでいいのかって気もするんだけど)山口紗弥香は本当に壊れた女だった。
松田美由紀と塚本晋也はほぼ初めてちゃんと見たんだけど、どっちもすげかった。塚本晋也って映画の印象から私はもっとクールでカッコイイ感じだと勝手に思ってたんだけど(笑)、あんないい味出しまくりのおっさんだったのね。そりゃ役者としても色々出る訳だ。
来週以降の演技者。を見るかというと多分あえては見ないと思うけど、いい素材を与えられた時にそれを生かしていいものを見せてくれれば、ジャニだろうが関係はない。むしろ反作用(?)で普通の役者さん以上に好ましく思うところもあるかもしれない。「木更津キャッツアイ」の岡田も好きやったし。何にせよいいと思う人が増えるってのはそれだけ楽しみも増える訳で、素直に受け入れればいいんじゃないかと思う。

メイキングでの演出家の自己顕示はちょっと何だったけど、偏見をとっぱらってくれいいものを見させてくれた番組でした。
posted by シノブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック