2005年11月16日

くりぃむナントカ

イヤー月曜日のナントカは笑ったわー。いいね。時間帯移動に不安もあったけど今のところテイストも全くかわらんでいい感じだ。
このままの感じを続けていって欲しい。

実は笑金も細木数子のもおしゃれイズムもまともに見てなくて、リチャホもリチャホになってからはたまにしか見てなかった人間が今くりぃむについて何を語るんかってとこではあるけど。

でもその昔はこんなんやってたくらいだから許して。
これ去年やってたくりぃむのTVの感想日記なんだけど、今読み返すと有田を普通にかわいいと言ってたりなどかなり痛い過去だ(笑)。
それを否定する気もないし今でもまだそう思ってる節もなくはないのでこうやって晒せるけど。

彼らは今毎日のようにTVに出てるけど、この日記を書いていた頃もまだメインの番組はない状態でありながらゲストとして毎日出まくりだった。
このおいらがよくそんな毎日ついていって書いてたもんだ・・・愛か。だな。

そんな愛も落ち着いて幾年月、ナントカも見たり見なかったりしてるうちに曜日と時間の変更を知らされ、前の番組が偉大だっただけに軽い不安はあった。
第1回がビンカン選手権で笑わせてもらったけど、これまずやっちゃってこの先どうすんのよー、なんて思っちゃったりもした。
したが、杞憂だった。
だいじょぶそうだ。

時間早くなったからって中身は変わらず。
1時間は長くねーかなんて思ってたけど、この前のなんかそんなん微塵も感じんかったもんなぁ。

もうね、ゆうたろうとか大久保さんとか出てくんのわかってんのに、出てきたら「ゆうたろういたーー!」って素直に大受けしちゃうからね。
ケチるところとケチらないところのさじ加減も間違ってないし。偽ムツゴロウ王国とか会社のロゴ替えちゃったりする反面金なくて野外(救急車の音とか聞こえてるし笑)でクイズとか。
狙うところをちゃんと狙えている番組だよな。

ってかメリーゴーランドの時の「誰かが動かしてる・・・?」って言う土田のまさか、みたいな表情がイカしてた(笑)。
仕込みの人たちに関してはガチであればあるほど笑えるので、出来る限りガチでお願いします。

すっぴん選手権(コーナー名違う)も、1回目の最初見た時は続きそうにねぇ企画だなと思ったけど、MEGUMIの時も今回もおもろかったわー。
上田笑いすぎ(笑)。失礼なくらい大受けしてて、飯島姉さん切れてんの多分時々はマジだったろうね。
そういや飯島愛はボキャブラにも出てたんだよな。有田の夜遊びをばらしてたのを思い出したよ。そう考えると付き合い長いなぁ。

上田が大木ちゃんの頭普通にひっぱたいてたのがよかった。
大木ちゃん最初は素人くさいなぁと思ってたけど(今もいい意味で思うけど)、素直なボケっぷりがかわいい。イヤミがなくて。
すっとぼけた有田に素直に従って(むしろ喜んで)やってる感じがかわいい。



お笑い芸人さんにとって、いい作家さんがつくか否かってのは大きい。
いくら面白い芸人さんでも面白くしようのないものってのはあるし。
この番組がどこまでが作家の力でどこからがくりぃむの力かはわからないけど、でもお互いやらんとしてる事の間に齟齬がないのは見ててわかる。
だからこんだけ面白く出来てるんだろう。

企画としては「超斬新!」てのより、ちょっとずれてて「くだらねぇ」ってのが多いけど(「超斬新!」は大人のコンソメなんかで思った)、それをどう見せるかが、作家や演者の腕の見せ所で。
彼らはそれをきちんと演じられるコンビだと思うのね。

くりぃむの強みってのは予定調和をちゃんとやれるってとこにもあると思うのね。
これが不自然だと見てらんない。
とは言っても彼らも元々決してそんなコンビではなくてむしろ逆だったし有田は本来そこから外れた笑いをやる人だったんだけど。
(マネキンを使った「新しい相方」てネタは今やってもさほど珍しくもなさそうだしネタの完成渡としてはアンジャッシュのピーポ君の方が高いかもしんないけど、あれは見た当初は感動したもんだ。)
昔尖がっていた彼らがいい具合で丸くなれた証なんだろうと思う。

半端な器用さってのはTVタレントとしては便利屋としていいように使われやすいという悪い点もあるけど、その辺は有田がいる事でバランスとれてると思う。いいコンビだと思う。本来上田も切れキャラだしね。
座ってりゃいいだけのお座りタレントにだけはならんですみそうだ。

「利きセンス」なんかは元は自分たちのライブでやっていた企画らしいけど、くりぃむはこの番組どこまで企画に関われてるんだろう。
自分たちで口の出せる番組を持って欲しいというのが痛い日記を書いていた頃の切実な願いだったので、この番組に関してはいい感じでいけてるのが嬉しい。

数字欲しさの同じコーナーループでマンネリを呼び込むような事態だけは避けていただきたいんだが、とりあえず今の所は新しいものも面白いし、数字的なことは知らんけど、一視聴者的には順調に感じられます。

内Pを毎週見ていた頃のように、また月曜日が楽しみな曜日になったよ。嬉しい。
posted by シノブ at 20:22| Comment(2) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上田晋也がうんちく王で語ったうんちくが『知泉』という本から盗んでいると
でネット上で騒ぎになり、結果、上田が深夜放送の「うんちく王慰安会」の中
で酔った上「知識の泉と書いて知泉という本があるんですが、これを読めば
んちく王になれますよ」とカミングアウトした。しかしその後は相変わらず
「うんちくは周囲の人間から」などとお茶を濁す発言を繰り返している。
その上それがすべてテレ朝スタッフとの共謀によるやらせだというから悪質だ
テレ朝では「霊長類ヒト科最強頭脳」という番組で、上田を別室でカンペを
読ませて「暗記力1位」に仕立て上げるやらせも発覚している

Posted by baka at 2005年11月18日 14:22
ええと、多分これは返事返したところで見ないかと思われるんですが、一応返します。
私は基本的に面白くするためのやらせならOKの人間なのでそこに対しては事実がどうであれ何も思いません。やらせの問題点は別な場所にあると思っているので。
たとえばそれで何かをしたてあげたところで、それが偽者であればそのうち消えるだけ、残ったならそれ以外の何かがあったという事でしょう。
また、うんちくは基本的にどこかからの借り物の知識であるのだからその出典がどこであろうとかまわないと考えています。
うんちく王自体は知識の量ではなくそれを披露する、持っていき方などの見せ方の総合的なものであるという認識なので、それも「その場で出来る」力量があったからこそだと思っています。
Posted by シノブ at 2005年11月18日 15:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

くりぃむ上田 CSで24時間TV
Excerpt: 「くりぃむしちゅー」の上田晋也(38)が “24時間テレビ”のメーンパーソナリテ
Weblog: 気になるコト日記
Tracked: 2008-10-18 20:25